ABOUT JUIS

令和元年・自由主義大演説会
Japan-US Innovation Summit 2019

Japan-US Innovation Summit 2019は、2017年・2018年に続く3年目のイベントであり、日米の中道保守派による「健全な自由主義」の再建を目指した国際カンファレンスです。 権威主義国の台頭、先進国の社会主義化、自由市場に対する懐疑論、など、私たちの社会を支える基本的な仕組みへの挑戦が世界中で起きている中、改めて「自由主義」の原点に立ち返った政治の再生が必要とされています。 そして、本物の「自由」は特定の為政者に依存するものではなく、強固な信念によって形作られる理念であることが重要です。 日本と米国は世界の二大自由主義国・民主主義国であり、両国の国民は「自由」の価値を支える責任がある立場にあり、同カンファレンスを通じて、我々にとって21世紀の社会をリードする政治の在り方を再確認します。 米国から共和党保守派の最大の支持母体である全米税制改革協議会を始めとした諸組織の代表者が来日予定であり、日本側からも国会議員を始めとしたメンバーが登壇し、闊達な意見交換を行うことが予定されています。 本イベントに参加することで国際潮流を踏まえた日本政治の未来への懸け橋が生まれることでしょう。

日時・場所

2019年11月23日(土)10時~18時
イイノカンファレンス&ホール(霞ヶ関駅直結)

主催

Americans for Tax Reform(全米税制改革協議会)
Pacific Alliance Institute(パシフィック・アライアンス総研)

後援

株式会社プレジデント社、日本政策学校、ユースデモクラシー推進機構